古典名局選集(復刻版)
8件の商品がございます。

英傑幻庵因碩(復刻版)

江戸末期の文化文政から天保、弘化、嘉永にかけての碁界は、碁聖たる本因坊丈和を筆頭に、元丈、知得、幻庵因碩、秀和の名棋士や、「天保の四傑」といわれた伊藤松和、安井算知、太田雄蔵、坂口仙得らが百花を競った囲碁史上の黄金時代である。
販売価格(税込): 800

秀麗秀策(復刻版)

 「棋聖」秀策の打ち碁全集はこれまで三度刊行されています。そのたびごとに新譜が加えられ、最後の『本因坊秀策全集』(荒木直躬編、誠文堂新光社、昭和三十一年刊)では四〇〇局近くに達しました。秀策の碁譜はどうしてこれほどまでに渇仰されているのでしょうか。
販売価格(税込): 800

流水秀栄(復刻版)

古来、名人と呼ばれる棋士は十指に余りますが、名人中の名人は秀栄を措いて他にないと思われます。それは実力が史上随一という意味においてではなく、その碁打ち気質においてです。
販売価格(税込): 800

泰然知得(復刻版)

日本囲碁史上最大のライバルとして、今なお語り継がれている八世安井仙知と本因坊元丈。本書はその安井仙知、通称「知得」の打ち碁十八局を鑑賞しようというものです。
販売価格(税込): 800

黎明秀甫(復刻版)

秀甫は幕末から明治初頭にかけ動乱の時代を生きた名棋士である。
本書では師の本因坊秀和、芸兄秀策、それに弟弟子分でもあった秀栄との対局譜を主に、方円社を取り巻く棋士たちとの数局を紹介している。
販売価格(税込): 800

玄妙道策(復刻版)

道策の碁には、碁のあらゆるものがある。強烈無比の攻め、鮮やかな凌ぎ、雄大きわまりない大作戦、そしてときにはものすごい地のからさ、それが次の瞬間には全く別の方向に転換したりもする。
販売価格(税込): 800

剛腕丈和(復刻版)

本書は、「棋道」誌上で平成二年新年号から、平成三年新年号まで十三回連載した「本因坊丈和研究」を一冊にまとめたものである。まとめるにあたっては訂正と加筆をほどこし、また赤星因徹との「吐血の局」を新たに加えた。
販売価格(税込): 800

堅塁秀和(復刻版)

秀和の名は、道策や秀策ほど知られていません。しかし、棋聖と呼ばれる人々と、技術的には同一水準に達しています。二十歳そこそこで実力八段とされ、じじつ、現代でいえばタイトル者クラスの七段陣に互先を許しません。
販売価格(税込): 800