ゆかり先生
6件の商品がございます。

ゆかり先生の囲碁初級教室1

本書は『ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門』(全3巻)に続くシリーズです。入門編ではルールと簡単な石の取り方を学びましたが、囲碁はそのあとが大切です。
販売価格(税込): 350

ゆかり先生の囲碁初級教室2

初級教室シリーズの第2巻では「石の取り方」の手筋を勉強します。「ポン抜き」はすでにわかったというかたには、本書で学ぶ「打って返し」「追い落とし」は読みが必要なので少しむずかしいかもしれません。しかし、形を覚えてしまえば、これほど痛快な取り方はありません。
販売価格(税込): 350

ゆかり先生の囲碁初級教室3

いよいよ初級教室も最後になりました。本書では石の組み合わせとかんたんな詰碁でレベルアップをめざします。
石の組み合わせは対局のときにおぼえておくべきテーマです。布石ではなるべく石を離して打つのがベストです。しかし相手がくっついてきたら、きちんとあいさつをしなければなりません。
販売価格(税込): 350

ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門1

囲碁のルールは実に簡単です。まず必要なのは碁盤と碁石。碁石は黒と白があります。この道具を使って相手の石を取ったり、地を囲うことで勝ち負けを争います。「地を囲う」といっても分からないですね。でも心配はいりません。本書ではまず「石取りゲーム」から囲碁入門します。いろいろな取り方は第2巻、地を囲うのは第3巻で学びます。
販売価格(税込): 350

ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門2

第1巻では簡単な石の取り方を学びました。本書ではさらに進んで上手な石の取り方から解説しています。石の取り方にもいろいろあります。テクニックを覚えたら、相手の石が面白いように取れるようになります。そして囲碁のもっとも大切な「地を囲う」という課題に入ります。
販売価格(税込): 350

ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門3

第1・2巻を読まれた方は囲碁というゲームは「囲めば相手の石が取れる」「最終は地の多い方が勝ち」ということがぼんやりと分かったと思います。仕上げの本書では囲碁でもっとも大切な決まり事、つまりルールについて解説します。
販売価格(税込): 350