単行本
28件の商品がございます。

格言が教えてくれる

本書は、囲碁格言の解説書です。著者は、囲碁格言を使ってのアマ指導を実践してきた大垣雄作九段。
数ある格言の中から、「ツケにはハネよ」「切り違い一方ノビよ」「千両マガリ」など著者が選んだものと、「コスミツケは打つな」など著者オリジナルなもの、合計61の格言が収められています。
  • NEW
販売価格(税込): 1,200

基礎力アップ問題集

本書は、即答を最終目標とする問題集です。対象は、入門を終えた段階の方から上級者まで。
問題はテーマごとに分かれており、連絡50題、切断・分断50題、石を取る80題、死活20題、各テーマ2題の実力チェック問題が収められています。仕上げに16題の総合問題もあり、合計で224題。
  • NEW
販売価格(税込): 1,000

攻め合いの極意

本書は、攻め合いに勝つための知識と実戦力の両方が身につく一冊です。対象は、上級から高段者。
著者は、松本武久八段。攻め合いを7つのパターンに分類、整理し、それぞれのポイントを解説しました。解説を読んだ後は、そのパターンの問題が用意されています。ポイントが絞られた状態で解くので、答を出しやすいでしょう。
  • NEW
販売価格(税込): 1,200

井山裕太七冠達成への道

平成28年4月、井山裕太は囲碁史上初の七冠(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)同時制覇を成し遂げました。
本書は、四冠だった27年初頭から七冠達成までの井山の歩みをまとめたものです。26年末に二冠を失い、六冠から四冠に後退した井山が、挫折を乗り越え、一段と強くなっていく姿が分かります。
販売価格(税込): 2,200

基本定石の周辺

本書は、定石その後の進行、もしくは定石完成後を読んでの定石選択を学ぶものです。著者は、安斎伸彰七段。
掲載されているテーマは、星の定石の周辺8型、小目の定石の周辺4型、シマリと辺の周辺4型、合計16型。本書を読むと、定石は完成しても一段落したにすぎないことが、よく分かるでしょう。
販売価格(税込): 800

お悩み天国3

趙治勲名誉名人(二十五世本因坊治勲)がさまざまな人生相談に回答する「お悩み天国」は『週刊碁』で2012年から連載されているコラムで、本書は書籍化第3弾です。2014年掲載分をまとめました。
ユーモア満点の中に愛が詰められている治勲の回答と、囲碁を知らない方ともいっしょに楽しめる点が人気の理由でしょう。
販売価格(税込): 800

囲碁で楽しく足し算、引き算

本書は、目算(もくさん)の解説書・問題集です。著者は、蘇耀国九段。
目算とは、手の大きさ・地の大きさを数えることです。どのように図を作り、式を立てるのか、基本から覚えていきます。
「どんどん問題を解いて、体で学んでください。計算することで、後から理解できていきます」と著者。
販売価格(税込): 1,000

笑って覚える新格言

本書は、笑っているうちに囲碁の心得が身につく一冊です。著者は、泉谷英雄八段。34のおもしろ格言が収められています。
「朝からあわてない」「頭ぶつけて、ふーらふら」「結び方を間違えると、ほどけます」「お付き合いもほどほどに」「あー安心は、相手も安心」……。
これら新格言は、泉谷教室から生まれました。
販売価格(税込): 800

眠る前の小さな詰碁2

頭の中の碁盤で手を読む能力について、著者は次のように語っています。「この力を私は心眼と呼んでいます。心眼ができ、磨かれると、打った碁の局面が思い出せるようになる、碁盤や本がなくても碁を考えられるなど、さまざまな効用を得られます」。
販売価格(税込): 600

眠る前の小さな詰碁3

第1、2巻に取り組まれた方は、心眼が開発され、磨かれたことでしょう。第3巻も手にとって、さらに磨きをかけてください。
本書は名作編です。さまざまな面白い作品が集まっています。多数のコラムを楽しめる点は、第1、2巻と同様です。
販売価格(税込): 600

眠る前の小さな詰碁1

眠る前の小さな詰碁は、「頭に碁盤をこしらえる力」を開発、養成するための問題集です。問題を見たら、目を閉じて、頭の中に図を作ります。できない場合は、碁盤か碁罫紙に問題を再現して、もう一度。それができたら、頭の中の碁盤で正解を描いていきます。
販売価格(税込): 600

おもしろ囲碁おもろい碁会所

33年間、サラリーマン生活を送ってきた著者。退職を決意し、第2の人生に選んだのが、碁会所経営だった。
本書は、3つのパートで構成されている。
パート1は、囲碁と出会った少年時代、営業マンとしての会社人生、碁会所オープンまで、そして碁会所経営と、自身の歩みを振り返った。
販売価格(税込): 600

実践囲碁総合演習

本書は、入門を終えた方を対象とした問題集です。囲碁の勝ち負けの決まり方の理解と、ルールの理解が完全となり、打ち方がおよそ分かるまでを目標としています。
入門その後は、基礎問題をどんどん解いて、体で覚えていくのが最善の勉強法でしょう。本書は、たくさんの問題が掲載されています。
販売価格(税込): 700

張栩の特選詰碁

本書は、詰碁名人・張栩が特選した55題の詰碁が収められています。
「この本に出てくる詰碁は、決して、みなさんを悩ませるための詰碁ではありません。解いて爽快感を味わっていただきたいとの思いから選んだものです」と著者。
そのため、シンプルな形が多く選ばれています。
販売価格(税込): 1,000

井山、黄の定石研究

本書は、『週刊碁』で2007年から2008年にかけて連載した「イソと井山の最新定石ファイル」を再編集したものです。連載開始時、井山裕太18歳、黄翊祖20歳。トップ棋士への階段を駆け上り始めたときでした。
ときを経て、一流棋士の地位を確立した両者。ときの流れは、定石も変遷させます。再び、当時のテーマに向き合いました。
販売価格(税込): 900