書籍
144件の商品がございます。

置碁三、四、五子局

置碁の打ち方は上手(うわて)と下手(したて)で異なります。本書は下手の考え方と打ち方を問題形式で解説しています。とくに序盤戦で実戦によくできる形を題材にしました。黒の正解図は一つにかぎらない場合が多いので、他の変化も分かりやすく解説しています。
販売価格(税込): 900

はじめての詰碁

本書は、囲碁を覚え、はじめて詰碁に挑戦する方のための一冊です。この最初の入り口をつまずくことなく前へ進めるよう、独自の編集をしました。
基礎を固める第100問までは、
・全問、最小スペースの三目形(詰碁として最もやさしい形)で出題。
・すべて三目形なので、問題図の石の形は類似形です。
・生きる問題を解いたら、黒と白を替え、同形で殺す問題を解きます。
販売価格(税込): 800

やさしい詰碁

本書は、20 級から10級の方が対象です。石の生死が分かるための、二つの基礎力に重点をおきました。
・眼と欠け眼の違いが、しっかり分かること
・眼を二つ作るためには、自分の地のどこに境界線を引いたらいいかが分かること
販売価格(税込): 800

美の有段詰碁100上巻

本書上下巻は、『月刊碁ワールド』(日本棋院刊)別冊付録「隅の簡潔詰碁」から厳選した問題に新題を加え、前半と後半に分けて構成しました。各100問が掲載されています。
販売価格(税込): 800

美の有段詰碁100下巻

プロが作る詰碁は難解なものが多いのですが、私は『月刊碁ワールド』(日本棋院刊)別冊付録の作成を通じて、やさしい問題を作ることの大切さを学びました。読者の方が、すっきりと解けたときの表情を見て、私も幸せな気持ちになったからです。
販売価格(税込): 800

井山裕太 栄光の軌跡

平成25年、井山裕太は、前人未踏の六冠(棋聖・本因坊・天元・王座・碁聖・十段)制覇を成し遂げました(同時に史上三人目のグランドスラム=七大棋戦全獲得経験達成)。
販売価格(税込): 1,200

ゆかり先生の囲碁初級教室1

本書は『ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門』(全3巻)に続くシリーズです。入門編ではルールと簡単な石の取り方を学びましたが、囲碁はそのあとが大切です。
販売価格(税込): 350

ゆかり先生の囲碁初級教室2

初級教室シリーズの第2巻では「石の取り方」の手筋を勉強します。「ポン抜き」はすでにわかったというかたには、本書で学ぶ「打って返し」「追い落とし」は読みが必要なので少しむずかしいかもしれません。しかし、形を覚えてしまえば、これほど痛快な取り方はありません。
販売価格(税込): 350

ゆかり先生の囲碁初級教室3

いよいよ初級教室も最後になりました。本書では石の組み合わせとかんたんな詰碁でレベルアップをめざします。
石の組み合わせは対局のときにおぼえておくべきテーマです。布石ではなるべく石を離して打つのがベストです。しかし相手がくっついてきたら、きちんとあいさつをしなければなりません。
販売価格(税込): 350

囲碁年鑑2015 上巻

上巻では紙版の囲碁年鑑の「第1部 国内プロ棋戦」および
「第2部 国際棋戦」のみを掲載しております。
また、タイトル戦の番碁と国際棋戦は棋譜再生機能によってご覧いただけます。
「第3部 アマ棋戦」「第4部 碁界記録集」「第5部 棋士名鑑」
「第6部 日本棋院支部一覧・他」をご覧いただく場合は、
別途下巻をご購入いただく必要がございます。
販売価格(税込): 2,000

囲碁年鑑2015 下巻

下巻では紙版の囲碁年鑑の「第3部 アマ棋戦」
「第4部 碁界記録集」「第5部 棋士名鑑」
「第6部 日本棋院支部一覧・他」のみを掲載しております。
棋譜再生機能はついておりません。
「第1部 国内プロ棋戦」および「第2部 国際棋戦」を
ご覧いただく場合は、別途上巻をご購入いただく必要がございます。
販売価格(税込): 800

ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門1

囲碁のルールは実に簡単です。まず必要なのは碁盤と碁石。碁石は黒と白があります。この道具を使って相手の石を取ったり、地を囲うことで勝ち負けを争います。「地を囲う」といっても分からないですね。でも心配はいりません。本書ではまず「石取りゲーム」から囲碁入門します。いろいろな取り方は第2巻、地を囲うのは第3巻で学びます。
販売価格(税込): 350

ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門2

第1巻では簡単な石の取り方を学びました。本書ではさらに進んで上手な石の取り方から解説しています。石の取り方にもいろいろあります。テクニックを覚えたら、相手の石が面白いように取れるようになります。そして囲碁のもっとも大切な「地を囲う」という課題に入ります。
販売価格(税込): 350

ゆかり先生の頭がよくなる囲碁入門3

第1・2巻を読まれた方は囲碁というゲームは「囲めば相手の石が取れる」「最終は地の多い方が勝ち」ということがぼんやりと分かったと思います。仕上げの本書では囲碁でもっとも大切な決まり事、つまりルールについて解説します。
販売価格(税込): 350

お悩み天国

本書は、『週刊碁』(日本棋院発行)二〇一二年初頭から連載した「お悩み天国 これが治勲のシノギかた」および「お悩み天国 これが治勲のシノギかたMAX」のなかから、初期一年分を編纂したものです。
「お悩み天国」は、読者からの様々な質問に囲碁界の生ける伝説・趙治勲(二十五世本因坊治勲)が、時に快刀乱麻で回答し、時に迷路にはまって読者に助けを求めたりしながら綴った異色のコラムです。
販売価格(税込): 800