書籍
140件の商品がございます。

一撃三変覚のサバキ

最初から混乱を作り出し、そのなかから進むべき道を見出すのが、最もアマの人に適した戦いかたではないでしょうか。ただし、混乱の作り出しかたと、混乱の抜け出しかたには、ちょっとしたコツがあります。
まずできるだけ相手に迫って、相手が守れば次の作戦行動に有利という踏み込みから始めます。
販売価格(税込): 1,200

絶対攻勢規三生の突進

碁は石の生死の勝負といっていいでしょう。石の生死の前段階が石の攻防です。次の段階からその次の段階で生死の問題が表面化する、というのが攻めの構図。むろん相手もそれを防ぐので、「攻めは取りにいくのではなく、利得を図る手段」などと妥協案が出てくるのです。しかし、心底につぶしてやろうという気迫のない攻めは、相手にも余裕を与えます。
販売価格(税込): 1,200

布石小事典

これまで布石というものにあまり興味を持たなかった人、布石は最初隅から打ち始め、シマリがあって、カカリやハサミがあって、辺へのヒラキに進む、という程度の原則的なことしか知らなかった人にとって、この一冊は福音といっていい、たいへん有意義な本になると信じます。
販売価格(税込): 600

正々堂々高尾の力学

厳しさを追求するのは大切なことですが、本書では、複雑な変化や難解な戦いになるべく足を踏み入れない打ち方についてお話しています。自分の弱点を消し、手厚く堂々と構えていれば、碁は簡単に負けるものではありません。むしろ地を稼ぎすぎて弱い石を作り、薄みを衝かれて困ってしまう。アマの方はそういう負け方のほうが多いはずです。
販売価格(税込): 1,200

囲碁年鑑2016 上巻

上巻では紙版の囲碁年鑑の「第1部 国内プロ棋戦」および
「第2部 国際棋戦」のみを掲載しております。
また、タイトル戦の番碁と国際棋戦は棋譜再生機能によってご覧いただけます。
「第3部 アマ棋戦」「第4部 碁界記録集」「第5部 棋士名鑑」
「第6部 日本棋院支部一覧・他」をご覧いただく場合は、
別途下巻をご購入いただく必要がございます。
販売価格(税込): 2,000

囲碁年鑑2016 下巻

下巻では紙版の囲碁年鑑の「第3部 アマ棋戦」
「第4部 碁界記録集」「第5部 棋士名鑑」
「第6部 日本棋院支部一覧・他」のみを掲載しております。
棋譜再生機能はついておりません。
「第1部 国内プロ棋戦」および「第2部 国際棋戦」を
ご覧いただく場合は、別途上巻をご購入いただく必要がございます。
販売価格(税込): 800

張栩の特選詰碁

本書は、詰碁名人・張栩が特選した55題の詰碁が収められています。
「この本に出てくる詰碁は、決して、みなさんを悩ませるための詰碁ではありません。解いて爽快感を味わっていただきたいとの思いから選んだものです」と著者。
そのため、シンプルな形が多く選ばれています。
販売価格(税込): 1,000

井山、黄の定石研究

本書は、『週刊碁』で2007年から2008年にかけて連載した「イソと井山の最新定石ファイル」を再編集したものです。連載開始時、井山裕太18歳、黄翊祖20歳。トップ棋士への階段を駆け上り始めたときでした。
ときを経て、一流棋士の地位を確立した両者。ときの流れは、定石も変遷させます。再び、当時のテーマに向き合いました。
販売価格(税込): 900

お悩み天国2

本書は、『お悩み天国』の第2巻です。お悩み天国は趙治勲(二十五世本因坊治勲)が読者の人生相談に回答する『週刊碁』連載コラムをまとめたもので、第2巻は2013年掲載分を編纂しました。
治勲の回答は、非凡なものばかり。相談内容は人生全般のため、囲碁を知らない方でも存分に楽しめます。
販売価格(税込): 800

キミオのおもろい詰碁道場

ボクは「碁は戦いにあり」だと、思っています。戦いに必要なものは、読みの力。それを鍛えるのに最適な勉強法は、詰碁を解くことです。
少年時代、片っ端から詰碁を解きまくり、戦闘力を身につけました。解く問題がなくなったので、自分で作るようになった次第です。
販売価格(税込): 900

初段になれる詰碁

多くの方は詰碁を苦手としています。最大の原因は何でしょうか。それは、「詰碁の考え方が整理できていない」ことにあります。問題を解くとき、考えることが広範囲で、絞りこんでいくのが大変なのです。
9級から1級対象、『初段になれる詰碁』は、詰碁の考え方を整理した一冊です。章ごとに考え方が同じ問題を集めてあります。
販売価格(税込): 800

置碁三、四、五子局

置碁の打ち方は上手(うわて)と下手(したて)で異なります。本書は下手の考え方と打ち方を問題形式で解説しています。とくに序盤戦で実戦によくできる形を題材にしました。黒の正解図は一つにかぎらない場合が多いので、他の変化も分かりやすく解説しています。
販売価格(税込): 900

はじめての詰碁

本書は、囲碁を覚え、はじめて詰碁に挑戦する方のための一冊です。この最初の入り口をつまずくことなく前へ進めるよう、独自の編集をしました。
基礎を固める第100問までは、
・全問、最小スペースの三目形(詰碁として最もやさしい形)で出題。
・すべて三目形なので、問題図の石の形は類似形です。
・生きる問題を解いたら、黒と白を替え、同形で殺す問題を解きます。
販売価格(税込): 800

やさしい詰碁

本書は、20 級から10級の方が対象です。石の生死が分かるための、二つの基礎力に重点をおきました。
・眼と欠け眼の違いが、しっかり分かること
・眼を二つ作るためには、自分の地のどこに境界線を引いたらいいかが分かること
販売価格(税込): 800

美の有段詰碁100上巻

本書上下巻は、『月刊碁ワールド』(日本棋院刊)別冊付録「隅の簡潔詰碁」から厳選した問題に新題を加え、前半と後半に分けて構成しました。各100問が掲載されています。
販売価格(税込): 800