書籍
128件の商品がございます。

アマの負ける手・負けない手 白番編

本書は『アマの負ける手・負けない手 黒番編』の姉妹書です。プロの白番はコミを意識して長期戦を目指しますが、コミなしの碁を打つ機会も多いアマの皆様のための白番編です。黒に明らかなミスがなくても盤面で白が負けない教材譜を作成すべく、苦心しました。
  • NEW
販売価格(税込): 600

ツギかたで棋力が分かる

「ツギ」は石を連絡する手段。むかしは「粘」と書きました。その形態はさまざまで、連絡という目的はおなじでも、以後の働きに大きな差異が生じるのです。「ツギかたで棋力がわかる」というのは、別に誇張した言葉ではありません。
  • NEW
販売価格(税込): 600

アマの負ける手・負けない手 黒番編

碁に勝つのは、相手に助けられてのこと。碁に負けるのは、相手を助ける手を打つからです。碁はプロでもわからないことが山ほどある世界。わからないときに、相手を助ける「負ける手」を打たず、「負けない手」を打てるようになれば、勝率アップは間違いなしです。
  • NEW
販売価格(税込): 600

捨て石の極意

プロの碁は、助けようとするよりむしろ捨てたがっているとよくいわれるのですが、石取り派のみなさんにも碁の一面である捨て石の発想をぜひ身につけてほしいもの。攻められてもサバキが楽しくなり、石を捨ててぎゅうぎゅう団子にする快感も味わいましょう。
  • NEW
販売価格(税込): 600

囲碁年鑑2017 上巻

上巻では紙版の囲碁年鑑の「第1部 国内プロ棋戦」および
「第2部 国際棋戦」のみを掲載しております。
また、国内プロ棋戦の番碁と決勝戦、国際棋戦は棋譜再生機能によってご覧いただけます。
「第3部 アマ棋戦」「第4部 碁界記録集」「第5部 棋士名鑑」
「第6部 日本棋院支部一覧・他」をご覧いただく場合は、
別途下巻をご購入いただく必要がございます。
  • NEW
販売価格(税込): 2,000

囲碁年鑑2017 下巻

下巻では紙版の囲碁年鑑の「第3部 アマ棋戦」
「第4部 碁界記録集」「第5部 棋士名鑑」
「第6部 日本棋院支部一覧・他」のみを掲載しております。
棋譜再生機能はついておりません。
「第1部 国内プロ棋戦」および「第2部 国際棋戦」を
ご覧いただく場合は、別途上巻をご購入いただく必要がございます。
  • NEW
販売価格(税込): 800

囲碁で楽しく足し算、引き算

本書は、目算(もくさん)の解説書・問題集です。著者は、蘇耀国九段。
目算とは、手の大きさ・地の大きさを数えることです。どのように図を作り、式を立てるのか、基本から覚えていきます。
「どんどん問題を解いて、体で学んでください。計算することで、後から理解できていきます」と著者。
  • NEW
販売価格(税込): 1,000

笑って覚える新格言

本書は、笑っているうちに囲碁の心得が身につく一冊です。著者は、泉谷英雄八段。34のおもしろ格言が収められています。
「朝からあわてない」「頭ぶつけて、ふーらふら」「結び方を間違えると、ほどけます」「お付き合いもほどほどに」「あー安心は、相手も安心」……。
これら新格言は、泉谷教室から生まれました。
  • NEW
販売価格(税込): 800

眠る前の小さな詰碁2

頭の中の碁盤で手を読む能力について、著者は次のように語っています。「この力を私は心眼と呼んでいます。心眼ができ、磨かれると、打った碁の局面が思い出せるようになる、碁盤や本がなくても碁を考えられるなど、さまざまな効用を得られます」。
  • NEW
販売価格(税込): 600

眠る前の小さな詰碁3

第1、2巻に取り組まれた方は、心眼が開発され、磨かれたことでしょう。第3巻も手にとって、さらに磨きをかけてください。
本書は名作編です。さまざまな面白い作品が集まっています。多数のコラムを楽しめる点は、第1、2巻と同様です。
  • NEW
販売価格(税込): 600

打ち込み読本

打ち込みの知識を身につければ、相手の地を楽に荒らすことができます。それだけではなく、相手の大模様のプレッシャーに負けることなく、落ち着いて対局を進めることができます。
打ち込みが怖いのは、相手の勢力の中に入っていくイメージが怖いだけです。手筋を覚えれば、相手の模様の見え方も変わってくるでしょう。
  • NEW
販売価格(税込): 600

眠る前の小さな詰碁1

眠る前の小さな詰碁は、「頭に碁盤をこしらえる力」を開発、養成するための問題集です。問題を見たら、目を閉じて、頭の中に図を作ります。できない場合は、碁盤か碁罫紙に問題を再現して、もう一度。それができたら、頭の中の碁盤で正解を描いていきます。
  • NEW
販売価格(税込): 600

定石の危機管理

お互いに正しい手を打ち、最後は半目勝負、というのが囲碁の理想的ありかたでしょう。しかし現実はお互いに悪手を打ち合って、「悪手の少ない方が勝つ」状態です。
しかし、悪手は相手に咎められての悪手。そのまま通過すれば、悪手が好手になる場合も少なくありません。
販売価格(税込): 600

攻め筋の方向

攻めは魔法の技術です。地合いの回復、弱点の補強、モヨウの創成、未開地への自然な展開、願ってかなえられないことはないほどです。ときには勝敗の確定まで相手を追い詰めます。
しかしそれは、あくまでも局勢に適合した攻めでなければなりません。攻めの目的を誤っては、かえって敗因となる場合もあるでしょう。
販売価格(税込): 600

侵略のテクニック

相手が手をかけて囲った地をずたずたに荒らす快感は、棋力に関わらずだれでも経験のあることでしょう。逆も真なりで、自分の地と思いこんでいたところを傍若無人に侵略されるのはいやなものです。
相手が囲った地や模様に手があるかどうかを見つけるには、まず何か変だなと思う感覚の力が要求されます。
販売価格(税込): 600